マーケット

  • 野村総研 2020~2040年度の新設住宅着工戸数予測発表

    野村総研は6月9日、「2020~2040年度の新設住宅着工戸数」と「2019~2040年度リフォーム市場規模」予測を発表した。 それによると、2030年度の新設住宅着工戸数は63万戸、2040年度は41万戸に減少すると予測。また、2020年度と2021年度は、新型コロナウイルスの影響により、それぞれ73万戸と74万戸になると推計しており、いずれもリーマンショック時の78万戸を下回る見込...続き

  • アフターコロナのWEB活用 工務店の取組みを探る vol.1

    新型コロナウイルスの影響で住宅展示場の営業やモデルハウスでの集客が自粛になり、それに変わるものとしてにわかに注目を集めたバーチャル展示場。スマート...続き

  • 北総研防火木外壁への要望高まる

    (地独)北海道立総合研究機構の北方建築総合研究所(北総研)が研究を進めてきた「北総研防火木外壁(PF仕様)」が、建築基準法における防火構造の国土交...続き

  • 空き家や古民家を交流拠点に

    全国的に建物の不動産価値がほとんどないとされる空き家が増加し、その利活用をどうするかが問題になっている。一方、時代の記憶を残す古民家が地域資源とし...続き

潮流一覧

海外一覧

企業業績一覧

全国一覧