データ

  • シリーズ 「減りゆく宅地開発」 ①函館市

    道内の主要都市で住宅建築用地(以下、宅地)の不足感が強まっている。宅地不足は地価の上昇につながり、土地を持たない若年ファミリー層などは比較的安価な宅地を求め、主要都市からその周辺市町にマイホームを求める傾向が強まっている。 北海道住宅通信社は、道内の主な自治体の開発登録簿を閲覧し、都市計画法に基づく開発許可のうち宅地の件数(1区画のみの個人施行を除く)、区画数、面積をまとめ、紙...続き

  • 9月の全国住宅着工戸数 7万7915戸

    9月の全国の新設住宅着工戸数は7万7915戸(前年同月比4.9%減)。3ヵ月連続して減少し、同月としては4年ぶりに8万戸を下回った。 続き

  • 【9月】新設住宅着工戸数 持家が3ヵ月ぶりに増加、貸家は減少続く

    9月の全道の新設住宅着工戸数は2739戸(前年同月比13.1%減)で、同月としては8年ぶりに3000戸を下回った。 続き

  • 【民間人事】

    土屋ホールディングス人事(11月1日) ▽代表取締役副社長(代表取締役専務)大吉智浩 土屋ホーム人事(11月1日) ▽管理本部長(札幌本...続き

DATA一覧

人事一覧

  • 【民間人事】

    2019/11/10

    土屋ホールディングス人事(11月1日) ▽代表取締役副社長(代表取締...続き

  • 【民間人事】

    2019/10/25

    インシュレーション人事(9月24日) ▽代表取締役社長(マグ・イゾベ...続き

市場調査一覧

工務店アンケート一覧