monocla「ミューラル」提供開始

アートで住まいの新しいカタチ

ミューラルの施工イメージ(合成)

monocla(東京都)はこのたび、国内でアート事業を展開するNOMAL(同)及びネクストラスト(同)の2社と連携し、「ミューラル(壁画)」を一般住宅に施工するサービスを開始した。

ミューラルは英語で壁画を意味し、壁に直接絵を描くアートを指す。近年はオフィスの壁にミューラルを施すオフィスアートが浸透しつつあるが、同社によると「住宅への提供サービスは日本で初めて」という。建築会社の依頼を受け、リノベーションや新築時に合わせてミューラルを施工していく。

この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。