インタビュー (株)ニッショウ 代表取締役 松原章氏

道産材を使い続ける意思表示

木材プレカット加工のニッショウ(赤平市)は、顧客に供給する乾燥した羽柄材などを安定的に確保するため、乾燥機を新設する。道内の製材工場から未乾燥の道産材を仕入れ、自社で乾燥して加工する。輸入材が建築材料の主流になり、プレカット工場が乾燥機を保有しなくなって久しいが、ウッドショックを機に道産材活用の必要性を再認識し、設備投資に踏み切る。松原章社長に経営判断の背景と今後の見通しを聞いた。

この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。